3月10日日曜日、和田堀公園ケヤキ広場(武蔵野園前)で堀ノ内松ノ木梅里大宮防災会連合会の防災訓練を行いました。

10の防災会合同で、150名の参加者がありました。
訓練内容は、ロープワーク、煙体験、かまど火起こし体験です。
杉並消防署馬橋出張所、東京都善福寺川サービスセンター、緑地杉並区防災課、杉並建設防災協議会、母親クラブの皆様の協力で開催出来ました。
写真は、松ノ木防災会のかまど火起こしを体験している様子で、手前に写っているのが、かまどベンチです。

今日は東日本大震災から8年。

これから30年以内に、マグニチュード7以上の首都圏直下型地震が起きる確率は、90パーセント以上というデータも出ています。

こうした防災訓練は、災害時には必ず役に立ちます。
多くの皆さんに参加いただきたいと思っています。

#小川宗次郎